苺とカボチャとetc.

2015年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

~ カンボジア ( アンコール遺跡群) へのツアー旅行 ~ 備忘録その5












今回の連休はいつも以上に長かったので

どこかに行かないでどうする!? と急に思い立ったようなものでしたが

1度は行ってみたいと思っていた アンコール遺跡群

見ごたえのある遺跡ばかりで本当に行って良かったです

そして 遺跡内はもちろん徒歩 

結構 階段の上り下りもあります 

足腰が頑丈な今のうちに行けて良かったな と   


カンボジアはとにかく蒸し暑かったです 

まぁ 1年の中で今が1番暑い時期なんだそうですが

とにかく日差しが強烈 

服装は 基本 七部丈シャツ 長ズボン つばの深いUVカット帽子 首にガーゼタオル

日焼け止めをがっつり塗り 完全防備でした (笑)

遺跡周辺も そんなに日陰がありませんし

半日行動するだけで 汗だくです

ツアーのほうで 毎日1本 ミネラルウォーターを配布してくれたのと 

ホテルでも毎日2本 無料のミネラルウォーターを部屋に頂けたので

それらに 日本から持って行った粉末のポカリスエットをいれて持ち歩いてました

あと 塩飴 個包装の梅干し のど飴も

もし行かれる方は 熱中症対策 万全にして行って下さい

お昼のいちばん暑い時間帯は ホテルで小休憩でした

その間に シャワーを浴びたり ウトウトと昼寝したり

かなり体力を消耗するので この時間がとても有難かったです

あと バスの中は冷房が効いているので

軽くはおる上着が必要です

そして汗をかいて濡れた服が冷たい 寒い~

着替えを充分準備されるといいと思います

ホテルの部屋も冷房完備でしたが

入れれば寒いし 切れば暑いしで

体調管理には 気を付けてください

私は 冷房でお腹冷やしたら最悪と思い 腹巻して寝ました

あと 水道の水は飲めません

歯磨きもミネラルウォーターを使いました


今回 有難いことに 

体調を崩すことなく 無事旅行を終えることができて良かったです

日本から持って行ったフリーズドライの味噌汁も美味しかった ホッとしました(笑)

やっぱ精神安定剤よね 日本食




今回 3日間に渡り遺跡を案内してくれた現地ガイドさん

日本語がお上手なのはもちろんですが 親父ギャグも炸裂 (笑)

日本の歌もたくさん口ずさんでました ( なぜか平井堅の曲が多かった ) 

そんなで とっても楽しかったのと すごく丁寧に分かりやすく

遺跡のこと カンボジアのことを説明して下さいました


ガイドさんの説明で いくつか印象に残ってるのを箇条書き

・ 遺跡でスリの被害が多い 被害者の8~9割が日本人

・ カンボジアにはお年寄りが少ない あまり見かけない

平均寿命が58~63くらいなのもあるが

 ポルポト政権の大虐殺によって 国民の1/3が亡くなり

 その多くが今生きていれば 60歳代位

・ 医師 教師 インテリなど 知識人の多くが虐殺された

・ カンボジアの人口は 10人のうち9人が船を漕げる力のある若者であるが 

 船の漕ぎ方を知らない

 子供に教育を受けさせれば もっと早く国が発展すると思う 

・ 子供は義務教育ではない為 働ける年頃になると 親は子供を学校に行かせなくなる

・ 給料が安い為 教師が少ない

・ 2、3年後には 6年間の義務教育が始まる

・ このガイドさんは町の寺子屋で英語と日本語を毎日勉強した

2年後にはガイドを退職し 大学に入る予定 ( 現在35歳 )

 ( 学ぶことが大好きだから 勉強したいと言っていた ) えらいなぁ。。。

  秋に紅葉を観に日本に行きたい ( カンボジアには紅葉がないから )

  今月も日本に行くらしい

・ 車は無免許運転が多い

・ まだまだ電気や水道が行き届いてない

 炊事は釜戸 水は井戸水が一般的

 停電もしょっちゅう

 日本が当たり前のようにしている生活は 本当にパラダイス




長々 書きましたが

ガイドさんのお話や バスの中から見る田舎の風景からも

カンボジアは まだ発展途上国だということ

カンボジア内戦も 遠い昔の話ではないということ

日本は 本当に豊かな国だということ

実感しました











最後に 

今回 買ったお土産

DSC_15050522.jpg

DSC_15050523.jpg

『 クルクメール工房 』 で買った 手作り石鹸と カンボジアコーヒー



DSC_15050527.jpg

DSC_15050526.jpg

『 アンコール・クッキー 』 で買った クッキーとレモングラス茶と蓮茶



DSC_15050532.jpg

DSC_15050530.jpg

『 キャンディ・アンコール 』 で買った

インスタントラーメンと烏龍茶 (多分 ) とマグネット

この3つのお店とも 日本人の方が現地の方を雇用し 経営しているお店です



DSC_15050533.jpg

オールド・マーケットで値切って買った 象のテラスTシャツ



DSC_15050525.jpg

乗継地 ベトナム・ハノイの空港で買った ベトナムのコーヒー

( 何か 香りが甘いんですけど クリームか何か入ってるのかな? ← 適当な奴 )






備忘録 終わります

見て下さった方 ありがとうございました!!



本日も お越し下さり

ありがとうございました




    
スポンサーサイト

~ カンボジア ( アンコール遺跡群) へのツアー旅行 ~ 備忘録その4













5月3日

観光最終日

この日の午前は 都跡である アンコール・トムへ

DSC00138.jpg

南大門

DSC00143.jpg

DSC00144.jpg

バイヨン寺院

DSC00145.jpg

DSC00149.jpg

DSC00150.jpg

DSC00151.jpg

DSC00152.jpg

DSC00153.jpg

DSC00154.jpg

DSC00155.jpg

アンコール・ワットは 宗教画的なレリーフが主だったのに対し

バイヨンは 都の中の寺院である為 庶民の生活を描いたレリーフが多く彫られています

これもガイドさんが幾つか説明してくれたのですが

女の子の連絡先を聞いてたナンパ男が その女の子の父親に説教されてる図とか (笑)

楽しいストーリーになってるレリーフでした  


DSC00160.jpg

DSC00161.jpg

DSC00162.jpg

DSC00164.jpg

DSC00168.jpg



DSC00176.jpg

象のテラス




それから  

タ・プロム寺院へ

DSC00181.jpg

DSC00182.jpg

DSC00184.jpg

木の根っこがうねってます

DSC00186.jpg

DSC00187.jpg

DSC00188.jpg

DSC00191.jpg

DSC00193.jpg

下の写真の大木の木の根っこが 遺跡の床面を ずい~っと張ってます

DSC_15050511.jpg

その後 昼食を頂き

ホテルに戻り 小休憩と 荷物のパッキング



ホテルをチェックアウトし

午後の観光

水上生活村のある トンレサップ湖のクルーズへ

DSC00207.jpg

 ↑トンレサップ湖のクルーズチケットです

DSC_15050512.jpg

今は乾季なので 水量がかなり少ないですが

雨季には マングローブの森の上の方まで 水かさが増すそうです

DSC_15050513.jpg

水量が少なく浅い為 ちょっと路線を外れると すぐに船が座礁

その度に船を止め 運転手さんと 助手?の子供が長い竹の棒で 

川底を突いては 船を戻してました


で 子供が 肩を揉みにきます 

断らないと お金を取られます もちろん断りました 

親がこうして収入を得る為に 子供を船に乗せさせるのだそうです。。。

そして この湖にも 小さなオンボロい船に子供を乗せた 物乞いの女性がいました

ガイドさんのお話では 載せてる子供は自分の子供ではなく 

近所の子供を借りてきてるんだそうです。。。


DSC_15050514.jpg

水上の教会

DSC_15050515.jpg

広い湖です

DSC_15050516.jpg

DSC_15050517.jpg

DSC_15050520.jpg

1時間ほどのクルーズを終え 夕食を頂き

シェムリアップ空港へ

帰りもベトナム航空便を利用し ベトナム乗継で帰国

シェムリアップ  →  ベトナム・ハノイ乗継  →  セントレア
( 20:25発 )    ( 22:05着 0:30発 )   ( 5月4日 6:55着 )


DSC_15050521.jpg

帰りも ほぼ定刻通りにセントレアへ着いたと思います

DSC00202.jpg








備忘録5 に続く。。。



本日も お越し下さり

ありがとうございました




日常 | Comments(-) | Trackbacks(0)

~ カンボジア ( アンコール遺跡群) へのツアー旅行 ~ 備忘録その3














5月2日

アンコール・ワット朝日鑑賞の為 

早朝5時頃だったか ホテルを出発しました


DSC00078.jpg

夜明け前

DSC00081.jpg

写真左側 木と木の間の四角い建物のすぐ上から太陽が見え始めています

この日は 雲が多く もしかしたら きれいな朝日は見れないかも。。。 

ということでしたが

DSC00085.jpg

DSC00090.jpg

DSC00092.jpg

DSC00094.jpg

DSC00096.jpg

DSC00097.jpg

DSC00098.jpg

DSC00099.jpg

DSC00100.jpg

DSC00102.jpg

DSC00103.jpg

写真はイマイチですが。。。 orz 

美しい朝日が観れました~~~ (T▽T)

もの凄く もの凄く 感動しました

アンコール・ワット

本当に来てよかった。。。

邪悪な心が洗われる~~(笑)

毎年1月1日は ご来光を拝みに訪れる日本人観光客が多いそうです







朝日鑑賞後

いったんホテルに戻り 朝食と小休憩をした後

 『 クルクメール工房 』 というお店へ

DSC00106.jpg

足湯マッサージをしてもらいました

あとマンゴースムージーや レモングラスティーを頂いて 

はぁ 癒しのひと時。。。 

DSC00107.jpg

DSC00110.jpg

DSC_15050529.jpg

それから 自分で好きなハーブを何種類か選び 小袋に詰め

オリジナルのバスソルト ( 入浴剤 ) 作りを体験しました 






DSC00112.jpg

その後は オールドマーケット散策 

昼食をとって ホテルに戻り小休憩 








それから 午後の遺跡観光

シェムリアップ市内から バスで1時間くらい

バンテアイ・スレイ遺跡へ

DSC00113.jpg

DSC00114.jpg

DSC00115.jpg

DSC00117.jpg

現地ガイドさんが 丁寧に遺跡を説明して下さいます

DSC00120.jpg

DSC00123.jpg

DSC00124.jpg

DSC00125.jpg

DSC00126.jpg

細かくて美しい彫刻が きれいに残っています

DSC00128.jpg

DSC00129.jpg

この後は またシェムリアップ市内に戻り 夕食

夕食後 ナイトマーケットを散策し ホテルへ

明日は旅行最終日です







DSC00134.jpg

地方の遺跡に向かう途中

農業地帯など至る所でアリ塚が沢山ありました

なんでも カンボジア人の自然信仰の中で

アリ塚には神様がいると信じられている為 アリ塚をあんまり潰さないんだそうです  







本日も お越し下さり

ありがとうございました



日常 | Comments(-) | Trackbacks(0)

~ カンボジア ( アンコール遺跡群) へのツアー旅行 ~ 備忘録その2














5月1日

00.jpg

ホテルでの朝

01.jpg

ホテルで ビュッフェの朝食をとり

8時頃 遺跡観光へ出発




シェムリアップ市内から バスで1時間半位

まずは ベンメリア遺跡へ

DSC00204.jpg
 ↑ 入場チケットです




02.jpg

この遺跡及びその周辺地域は 

カンボジアの内戦等により埋め込まれた地雷の撤去が

2001年 ~ 2011年に完了したそうです

つい最近のことですよね。。。

上の写真の棒は ( 分かりにくくてすいません )
 
これより外は地雷未撤去地帯 という目印の棒だったそうです 




DSC00021.jpg

ナーガの石像

蛇の体とコブラの頭を持つ半神だって

近年まで土に埋もれていたということで

結構 きれいな姿で残っています




DSC00025.jpg

建物は崩壊が進んでいます

DSC00026.jpg

単純に なぜ 遺跡がこんなに崩壊してしまっているのか 疑問だったのですが  

時とともに 木の根っこが遺跡の下の土に入り込んでいき

強風や豪雨等により 木が倒壊する時に 遺跡も一緒に崩壊したのだそうです

倒れる時って きっとすごい迫力だったでしょうね

DSC00027.jpg

DSC00028.jpg

DSC00029.jpg

DSC00030.jpg

DSC00031.jpg

DSC00033.jpg

平安時代期に アンパンマンが!?  

いいえ 蓮の花の彫刻です  

DSC00036.jpg

DSC00037.jpg

DSC00038.jpg

1時間ほどの観光ののち

またバスで シェムリアップ市内へ


宿泊ホテルで飲茶の昼食をとり

1時間半程度 ホテルのお部屋で小休憩








そして

午後の遺跡観光

アンコール・ワットへ

DSC00206.jpg
 ↑ アンコール遺跡群 3日間有効の入場チケットです ( 顔写真入り )

DSC00041.jpg

おぉ~ 

DSC00042.jpg

来たね~

また分かりにくい写真ですが

この参道の両サイドは池になっていますが

これまで 5人だったか? 6人だったか? 落ちた人がいるそうです

そのうち 3番目に落ちたのは 1人で観光に来てた日本人男性だったそうで  

近くに居合わせた日本語の現地ガイドさん達で 助けてあげたんだそうですよ 

DSC00045.jpg

DSC00047.jpg

DSC00054.jpg

THA☆アンコール・ワット 


アンコール・ワットの中には 現地の子供達が沢山いて

絵葉書を売ってたり 物乞いしていたり。。。

現地ガイドさんが おっしゃっていましたが

物乞いの子供にお金とかあげると それに味を占めてくせになってしまう

個人的にはあげる優しさよりも あげない優しさをお願いしますと

私も 日本で言うとこの小学生低学年くらであろう年の男の子に 

すぐ目の前に立たれ 物乞いされました。。。

目を合わさず無視して その子の前をなんとか去りましたが

何というか。。。 何とも辛いというか。。。 何ともやるせないですね。。。



03.jpg

DSC00064.jpg

またまた分かりにくい写真ですが

これ階段ですが 階段なんていう傾斜じゃありません。。。

ただの坂です 

他にも こういった急な階段がたくさんあるわけですが 

安全の為 登れないようになってたりします

昔 解放してた時は

転げ落ちる観光客が沢山いたんだそうな。。。 そりゃそーさな。。。

なぜこんなに階段が急なのかというと 

雨が振った時に 水はけをよくする為だったそうです


DSC00066.jpg

DSC00071.jpg

これらに 集められてる石は

落ちてきた石なんですって。。。 

DSC00074.jpg

アンコール・ワット内の回廊には きれいなレリーフが沢山ありました

この写真のように 彫りかけで お顔の無いレリーフもありました

あと レリーフや彫刻を作った当時の人々の遊び心というか 茶目っ気のある仕掛けなんかもあり

凄く楽しくアンコール・ワットを観て周れました

今回の旅で遺跡を案内して下さった現地ガイドさんがとても楽しく素晴らしい方でした

( このガイドさんについては また別に書きたいと思いますが )

いかんせん この脳みそなので へぇ~ と思ったことも

すでに記憶が曖昧なのが悲しいですが。。。



DSC00075.jpg

夕刻のアンコール・ワットをあとにします

次の日は アンコール・ワットの朝日鑑賞です 










DSC00040.jpg

本日も お越し下さり

ありがとうございました





日常 | Comments(-) | Trackbacks(0)

~ カンボジア ( アンコール遺跡群) へのツアー旅行 ~ 備忘録その1













この連休中に

旅行会社のツアーを利用して

カンボジア ( アンコール遺跡群 ) 旅行に行ってきました




4月29日

高山を15時10分発の 岐阜行き高速バスに乗り 

17時すぎに名鉄岐阜駅に到着

それから 名鉄線に乗り セントレア ( 中部国際空港 ) に向かいました

DSC00201.jpg

この日はセントレアすぐ目の前の 東横ホテルに前泊

まずホテルに向かい チェックインして荷物を置き 再びセントレアへ

そして 2万5千円分を USドルに両替

( カンボジアでは 自国の通貨 ( リエル ) がありますが USドルを使用できます )

カンボジアは物価が安く

1ドル 5ドル 10ドル札程度の 小額紙幣のみ持って行けばいいということだったので

1ドル札 二十数枚と 10ドル札 十数枚に両替 

財布が膨れ上がるくらい 札束がこん盛りと 

一瞬 大金持ちの気分になりました (笑) 


それから フードコートで夕食をとった後

セントレアには 飛行機の離発着を 間近で見られる スカイデッキがあるので

ちょっと 飛行機でも見ながら まったりしようと思いましたが

もう日も堕ち 海風も吹いて寒いっ 

ただでさえ 先週からの風邪が完全に治りきってない感があるのに

明日からの旅行を前に 体調崩したら 最悪 

というわけで 早々に スカイデッキを後にしました


私はお腹が弱いので 腹薬は持ってきていましたが

念の為と思い ドラッグストアで風邪薬も購入


それからホテルへと戻りました




4月30日

朝8時前に ホテルをチェックアウト

セントレア国際線出発ロビーにある 旅行会社のカウンターで受付

もろもろの説明と e-チケットを受け取り ベトナム航空カウンターへ


日本からカンボジアへの直行便はありません

今回はベトナム航空便を使い ベトナム経由でカンボジアへ向かいました

セントレア → ベトナム ( ハノイ ) 乗継   → カンボジア ( シェムリアップ )
( 10:30発 )    ( 13:55着 15:30発 )  ( 17:10着 ) 


カンボジアの日本との時差 -2時間

だいたい 定刻通りのフライトで シェムリアップへ到着したと思います



この日は到着後 お迎えのバスで すぐホテルへ向かい

ホテルにてカンボジア料理の夕食を頂きました 

DSC00015.jpg

そして お部屋に帰って おやすみなさい。。。







備忘録その2 へ続く。。。 つもり ←




本日も お越し下さり

ありがとうございました




日常 | Comments(-) | Trackbacks(0)